海洋国家日本のこれから

「忘れられた植民地」青島にみる海洋国家日本のこれから

皇學館大学講師、元外交官、元衆議院議員 村上 政俊 大統領の座にツィッターによって就いたといっても過言ではないドナルド・トランプは、昨年九月の自民党総裁選挙の直後にこう呟いている。 “Congratulati …

皇學館大学講師、元外交官、元衆議院議員

村上 政俊

大統領の座にツィッターによって就いたといっても過言ではないドナルド・トランプは、昨年九月の自民党総裁選挙の直後にこう呟いている。

“Congratulations to my good friend Prime Minister @AbeShinzo on his HUGE election victory in Japan.”

少し砕けて訳すならば「おめでとう。俺の親友の安倍晋三総理が、日本での選挙で“圧”勝したぜ。」といったところか。

私が感心したのは、トランプ大統領が安倍圧勝という戦いの“本質”を即座に見抜いたことだ。それに引き替え、総裁選直後の永田町では論争が巻き起こった。安倍圧勝だったのか石破善戦だったのかという話だ。安倍圧勝とずばり述べたのが、麻生太郎副総理だった。総裁選翌日の自派閥の会合で、敗れた石破茂元幹事長の戦績について「どこが善戦なんだ。」と喝破した。素直に数字を見れば、トランプや麻生が言うように圧勝ということになるはずだが。

安倍が圧勝によって政権基盤を固め直したことが、外交においていかに大きな意味があったか。総裁選直後に安倍は訪米したが、待っていたのはトランプの大歓迎だった。日程の都合で3回目のゴルフは見送られたものの、トランプタワーの私邸に招かれて二人で夕食を摂りながら、中国北朝鮮を含む現下の国際情勢についてじっくりと腹合わせをしたのだ。国連総会に出席するため各国から首脳がニューヨークに集結していたが、トランプがじっくり会いたいと望んだのは誰あろう安倍だったのだ。石破は選挙期間中に友情と国益は別だと述べたが、安倍トランプの信頼関係がいま日本外交の大きな資産となっていることは紛れもない。

 強固な日米関係とは全く対照的なのが米中関係だ。トランプの言動によって、日本のメディアの関心は対中関税を筆頭とする貿易戦争に集中しがちだ。だがそれは一面的な理解に過ぎない。現在のアメリカは、共和民主という党派を超えて中国に対する警戒感が高まっており、トランプ政権の対中強硬路線は大統領個人の思い付きという類の話では全くない。米国の覇権(hegemony)に対する挑戦を鮮明にした中国に、分野横断的に断固として対抗していこうという米国の意志は極めて明確だ。

 米国のこうした考えを包括的にかつ直截に表現したのが、保守系シンクタンクであるハドソン研究所でのペンス副大統領による演説だった(昨年十月四日)。これは米中新冷戦の事実上の幕開けを宣言したものだと受け止められた。イギリス首相を退任したばかりだったウィンストン・チャーチルによる鉄のカーテン演説(昭和二十一年)にも一部ではなずらえられている。「バルト海のシュチェチンからアドリア海のトリエステまで、ヨーロッパ大陸を横切る鉄のカーテンが降ろされた。」という一節で名高く、米ソ冷戦の始まりを予感させたあの演説に。

 ことほど左様に米中の対立は緊迫の度を急速に増しているが、中国の脅威は日本にとっても他人事ではもちろんない。なかんずく中国の海洋進出は、尖閣諸島を始め日本に対する直接的な脅威となっている。

(続)

テキストのコピーはできません。