新屋智子

新屋 智子

法学部卒業後、法務事務所に勤務。社会的側面だけでなく、人々の心身を支えたいという思いから看護の道を目指す。
外科病棟勤務を経て、看護教育や研究に携わる。2017年修士号取得。現在博士課程で奮闘中。
研究データに基づいたちょっとした情報がより良い健康生活に繋がると確信し、情報を発信すべく日々研究している。

テキストのコピーはできません。