戦後教育からの脱却

大学法学部卒業後、サラリーマンを経てライティング・WEB関連会社を設立。
法律的な観点から東京裁判の矛盾を検証したことをきっかっけに、正しい歴史認識を普及する活動をスタート。
戦後教育・戦後レジームから脱却し、真の日本を取り戻すことを目指す。

靖国問題について考える⑤GHQによる靖国神社焼き討ち計画

皆さんは、靖国神社に焼き討ち計画があったことを知っているだろうか?今までの議論の中には、「焼き討ち」といった過激な話はなかったはずだ。しかし、これが現実になっていないのは、カトリック教会が関係している。第5回目は、靖国神 …

皆さんは、靖国神社に焼き討ち計画があったことを知っているだろうか?
今までの議論の中には、「焼き討ち」といった過激な話はなかったはずだ。
しかし、これが現実になっていないのは、カトリック教会が関係している。
第5回目は、靖国神社とカトリック教会の関係性についてお伝えしたいと思う。

ローマ法王庁に救われた靖国神社

長い歴史のある靖国神社は、戦没者が祀られているということで、占領当時GHQから目をつけられていた。
特にGHQが懸念していたのは、A級戦犯の存在である。
今後の占領政策を行うにあたって、日本人の象徴、精神的な拠り所になる場所をそのままにしておくわけにはいかない、と考えていたのだ。

そのため、靖国神社の跡地をドックレース場とする計画を出し、焼き払ってしまおうとしたのだ。
だが、これが実現しなかった。
その背景には、ローマ法王庁駐日バチカン公使であった、ブルーノ・ビッテル神父が関係している。
彼は、マッカーサーから意見を求められた際に、信仰の自由についてあるアドバイスをしたのだ。

“それは、宗教が違っていたとしても、国家のために死んだ人に対しては敬意を払うべきだ。
そのような霊を祀る場所を焼き払うというのは、米軍にとって不名誉になる。“

この発言で、焼き討ち計画は却下された。
また、発言が違っていれば、現在靖国神社は存在しなかっただけでなく、戦没者に祈りを捧げることはできなかっただろう。

さらに靖国神社に対して、宗教の垣根を超えたある出来事が発生する。

サン・ピエトロ大聖堂での昭和殉職者に対するミサの開催

皆さんは、バチカンにあるサン・ピエトロ大聖堂を知っているだろうか?
実は、A級戦犯だけでなく、B級・C級戦犯に対してミサが行われた場所として有名なのだ。
なぜ、カトリック教会にとって重要な場所でミサをしてもらったのか?
その理由はある僧侶との関わりから始まる。

1975年に、仲田順和という僧侶が教皇パウロ6世に戦犯となった人たちのミサを依頼し、その実現を約束したのだ。
実際に実現したのは、数年経った1980年になってからだが、宗教の垣根を超えた祈りが行われたと言っていいだろう。
これで、皆さんは理解できたはずだ。

国のために戦った人物に対して真摯に祈りを捧げることは、宗教が違っても変わりない。
それが、この焼き討ち計画の物語で証明されたのだ。
そして、その意思を蔑ろにしようとしたのがGHQ。
この実話から伝わるメッセージに、多くの人は心を動かされないだろうか?

まとめ

今回の取り上げた物語は、作り話でなく、まぎれもない事実だ。
実際に、上記のようなやり取りがあったからこそ、現在もカトリック教会との関わりが続いている。
また、カトリック教徒に対しても、参拝に関しては祖国に対する務めとして認めている事実がある。
歴史認識や戦争賛美等否定的な意見は、純粋な参拝をする人たちに対して失礼だと言っても過言でないだろう。

戦後教育からの脱却 過去記事一覧

大学法学部卒業後、サラリーマンを経てライティング・WEB関連会社を設立。
法律的な観点から東京裁判の矛盾を検証したことをきっかっけに、正しい歴史認識を普及する活動をスタート。
戦後教育・戦後レジームから脱却し、真の日本を取り戻すことを目指す。