お城カタリストの城語り

日本には現在もかつての姿をとどめている城が12箇所あるという。古くは国府の守備の拠点として、そして武士の時代には、武士の居住地と敵からの侵入を防ぐためのバリケードとして作られた日本の城は、やがては政治の拠点としてその役割を変えてきた。シリーズ「お城カタリストの城語り」は、お城カタリストの野口紀美氏が、城の歴史にスポットを当て、我が国の歴史や文化を分かりやすく解説する。

経験から学んだ籠城戦を生きぬく工夫

熊本城(熊本県)
熊本城(熊本県)

戦国時代の武将が苦しんだ、朝鮮半島での籠城戦を知っていますか?

それは、築城の名手として名高い加藤清正が、蔚山城(うるさんじょう)で経験した過酷な籠城戦です。韓国には現在でも、戦国武将たちが築いた日本式の石垣の城がいくつも残されています。それらの城を総称して「倭城(わじょう)」と言います。

倭城は、文禄元年(1593)から慶長3年(1598)の、豊臣秀吉が朝鮮進出を企てた「文禄・慶長の役」の戦いの中で築かれました。拠点である佐賀県の名護屋城(なごやじょう)から出陣した全国の有力武将たちは、26もの倭城を築きながら朝鮮半島を進軍して行きます。

そんな中での出来事が、慶長2年(1597)の「蔚山城の戦い」です。
文禄・慶長の役で最大の地上戦と言われる蔚山城の戦いは、明と朝鮮の連合軍およそ6万人が城を包囲します。まだ完成していなかったと言われる蔚山城には食料の備蓄もなく、城に籠る約1万人の清正軍は想像を絶する苦戦を強いられました。
佐賀県佐賀市の徴古館には、この戦いを描いた「朝鮮軍陣図屏風」が残されています。城を幾重にも包囲するアリの大群のような連合軍の様は、恐怖以外の何ものでもありません。

蔚山城で渇きと飢えに苦しんだ清正は、この経験を自身の居城である熊本城の城づくりに生かします。飲料水の確保のため、城内のあちこちには120もの井戸がつくられました。また、天守の壁には干瓢(かんぴょう)を塗り込み、畳には乾燥した芋茎(ずいき)を編み込んで、いざという時の食料として蓄えたと言われています。

有名な籠城戦には、秀吉が攻略した「三木の干殺し(ひごろし)」と「鳥取城の渇え殺し(かつえごろし)」がありますが、その歴史からも水と食料の確保が籠城にとってどれだけ死活問題なのかが理解できます。

籠城場所としての働きは、天守の機能のひとつです。天守は、城の最終の防御施設になりますので、さまざまな籠城対策の工夫が施されています。現存12天守を例に、籠城設備をご紹介しましょう。

松江城(島根県)/地階の井戸
松江城(島根県)/地階の井戸

まず重要なのが水の確保です。
天守内部にある「井戸」の例は、松江城(島根県)の天守の地階にあります。浜松城(静岡県)や名古屋城(愛知県)の地階にもかつて井戸があったと言われていますが、現存しているのは松江城だけ。これなら天守に立て籠もったとしても、水の心配はありません。
また、その井戸のあるフロアーの一角は「塩蔵(しおぐら)」としても利用されています。塩は水と同様に、人間が生きていく上で必要不可欠なものですので、塩蔵をつくり確保に努める城は多くありました。

兵庫県の姫路城天守の地階には、珍しい籠城設備が現存しています。それは「流し台」と「雪隠(せっちん)」、いわゆるトイレです。
緊急時の食事づくりの設備だと考えられる流し台は、大型で野菜を洗うだけでなく、衣類も洗濯できるほど余裕があります。使用した水は隣接する中庭に排水されるしくみです。天守内部に井戸はありませんが、すぐ近くにあるので水の確保も万全です。雪隠は全部で6つあり、便槽には大型の甕(かめ)が使われていると言います。流し台も雪隠も、大人数が籠城することを想定してつくられたのかもしれません。

籠城対策の設備は、天守の地階または1階にあることがほとんどです。岡山県の備中松山城の天守1階には、籠城時の調理用と暖をとるためと伝わる長囲炉裏がありますし、地階や1階は、保管しやすく持ち出しやすい場所なので、倉庫として活用する天守も多くあります。現存天守に行った際には、ぜひそれらのエリアの構造に注目してみましょう。

熊本馬刺しドットコムHPより
熊本馬刺しドットコムHPより

蔚山城で危機的状況に陥った清正は、やむを得ず連れていた軍馬を食します。朝鮮出兵から帰国したあとも清正が好んで馬刺しを食べたことから、領地である熊本で馬刺しを食べる習慣が根付き、馬刺し文化は全国へと広がったと言います。清正のピンチが、熊本と全国の食文化の転機になったとは驚きです。

地震被害を受けた熊本城は、今秋には大天守の外観復旧工事が完成し、10月には一部で特別公開がはじまります。清正が、渇きに備えてつくった井戸と、飢えをしのいだ馬刺しをお目当てに、復興しつつある熊本城を訪れてみてはいかがでしょう。
人々が生き抜くために、必死の想いで築いた城の姿をぜひご覧ください。過酷な籠城戦の存在を知ったあとに見た城の風景は、また違ったものに映るはずです。

お城カタリストの城語り 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。