お城カタリストの城語り

日本には現在もかつての姿をとどめている城が12箇所あるという。古くは国府の守備の拠点として、そして武士の時代には、武士の居住地と敵からの侵入を防ぐためのバリケードとして作られた日本の城は、やがては政治の拠点としてその役割を変えてきた。シリーズ「お城カタリストの城語り」は、お城カタリストの野口紀美氏が、城の歴史にスポットを当て、我が国の歴史や文化を分かりやすく解説する。

【城の歴史1】弥生時代の環濠集落

吉野ヶ里遺跡(佐賀県)
吉野ヶ里遺跡(佐賀県)

鎌倉時代から安土桃山時代の武士が活躍する時代には、全国に3万~4万の城があったと言われています。文部科学省の『学校基本調査』によると、2019年の小・中・高校・大学の合計は約35,000校ですので、中世の時代だけでも学校の数とほぼ同数の城があったということです。

そもそも城とは、一体何なのでしょう?

城は、防御施設です。敵からの攻撃や侵入に備えて、土や石や塀などで守りを固めた軍事施設です。軍事的な防御施設であるならば、食糧や武器・資金の備蓄場所として利用されたものも城と考えられますし、指揮官の住まいや政治・情報の拠点も城とされます。

城の定義は、各種専門家によって千差万別の意見があり、幅広くてわかりにくい傾向にあります。そのため、日本に4万の城があったとか、いやいや8万の城があったのだとか、城の数もあれこれと議論がわかれてしまうところのようです。

丸岡城(福井県)
丸岡城(福井県)

城というと「天守」をイメージされる方は多いことでしょう。

けれど、天守は「城」の中のひとつの要素に過ぎません。必ずしも城に天守がある必要はないのです。

城郭の歴史の中で「権威の象徴」としての天守の登場は、実はつい最近のこと。天守のはじまりは、織田信長が天正4年(1576)に築いた安土城(滋賀県)の「天主」です。安土城に限り「てんしゅ」は「天主」と表記されます。つまり、天守の歴史はおよそ450年しかありません。

では、城のはじまりはいつなのでしょうか?

城のはじまりは、弥生時代の環濠集落にさかのぼります。

環濠集落は、今から約2000年前の弥生時代中期から後期に数多く作られました。

大阪府立弥生文化博物館/稲作の様子(模型)
大阪府立弥生文化博物館/稲作の様子(模型)

環濠集落は、ムラを取り囲むように周囲に深い濠(ほり)を巡らせた集落のことです。集落の周りに巡らせた濠を「環濠」と言います。その代表例は、佐賀県の吉野ヶ里遺跡です。

(詳しくは過去の記事:『天皇家のはじまりと日本の城のはじまり』をご覧ください)

西方から伝わった稲作文化は、各地に多くのムラを形成しました。収穫物や耕作地の水利を巡るムラ同士の争いが盛んになったことで、軍事的防御設備の機能を備えた、城のはじまりと言える環濠集落が誕生しました。

このような集落の形態は、朝鮮半島から稲作とともに伝えられた、水路などの溝を掘る土木技術があって初めて成立するものです。

唐古・鍵遺跡(奈良県)
唐古・鍵遺跡(奈良県)

唐古・鍵遺跡は、奈良盆地の中央に位置する弥生時代の環濠集落跡です。遺跡面積は甲子園球場10個分の約42万㎡に及ぶ、近畿地方最大級の集落で、最盛期には900人が住んでいたと推定されています。

ムラの中には、祭殿を思わせるような畳50畳分の広さの大型建物や米をたくわえる高床倉庫がありました。また、一般の人々が暮らした竪穴住居や井戸、そして石器や木器・青銅器を作る工房があったことが発掘調査によって分かっています。

周囲には幅8m、深さ2mもある巨大な環濠が巡らされていました。この環濠の外側には、さらに5~8条もの外濠があり、ムラは「砦」のような構造だったそうです。

幾重にも巡らされた環濠に守られた唐古・鍵遺跡のムラは、弥生時代前期から後期までの約700年という長い期間に渡って栄えました。

遺跡からは近畿圏だけでなく、静岡県や愛知県、岡山県などの遠方で作られた土器や、新潟県糸魚川市周辺で採集されたと考えられる弥生時代最大級のヒスイ製の勾玉も出土しており、盛んな交流があったと想像できます。

現在の唐古・鍵遺跡は、絵画土器に描かれた絵図を参考に作られた楼閣や、大型建物の柱・多重環濠が復元された史跡公園になっています。

唐古・鍵考古学ミュージアムの展示品
唐古・鍵考古学ミュージアムの展示品

唐古・鍵遺跡史跡公園から南に10分ほど車を走らせると、遺跡の出土品が展示された「唐古・鍵考古学ミュージアム」があり、復元された楼閣の元となった絵画土器も展示されています。

展示品の中には、作りかけの木製のおたまや、ねじれた失敗作の土器がありました。これらの出土品によって、この場所で工夫しながら生活していた弥生時代の人々の姿を確かに感じることができます。

2000年前の弥生時代は、現代の私たちとかけ離れた異次元の世界ではありません。人々の営みの上に私たちの暮らしがつながっているのです。今生きているということは、私たちの祖先がその時代を生きていたということです。

城の歴史を知ることは、日本人の強みを知ることです。日本の技術力を知ることにもつながります。これまで継承してきた日本の強みと技術力を、次の世代に橋渡しできる存在でありたいと思います。

→【城の歴史2】なぜ環濠集落はつくられたのか?

ロンダン-お城カタリストの城語り

お城カタリストの城語り 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。