お城カタリストの城語り

日本には現在もかつての姿をとどめている城が12箇所あるという。古くは国府の守備の拠点として、そして武士の時代には、武士の居住地と敵からの侵入を防ぐためのバリケードとして作られた日本の城は、やがては政治の拠点としてその役割を変えてきた。シリーズ「お城カタリストの城語り」は、お城カタリストの野口紀美氏が、城の歴史にスポットを当て、我が国の歴史や文化を分かりやすく解説する。

天守代用の御三階櫓に込めた大名たちの静かな戦略

お城を歩いていると、天守の小型版のような建物に気づくでしょう。その建物は「櫓(やぐら)」です。 櫓は、古来「矢倉」や「矢蔵」と表記され、矢などを納めておく武器庫から生まれた建物です。高さのある建物なので見晴らしがよく物見 …

お城を歩いていると、天守の小型版のような建物に気づくでしょう。その建物は「櫓(やぐら)」です。 櫓は、古来「矢倉」や「矢蔵」と表記され、矢などを納めておく武器庫から生まれた建物です。高さのある建物なので見晴らしがよく物見 …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

お城カタリストの城語り 過去記事一覧

日本には現在もかつての姿をとどめている城が12箇所あるという。古くは国府の守備の拠点として、そして武士の時代には、武士の居住地と敵からの侵入を防ぐためのバリケードとして作られた日本の城は、やがては政治の拠点としてその役割を変えてきた。シリーズ「お城カタリストの城語り」は、お城カタリストの野口紀美氏が、城の歴史にスポットを当て、我が国の歴史や文化を分かりやすく解説する。

テキストのコピーはできません。