和・作法の彩り

全日本作法会で20年以上、作法に携わり、企業や大学にてマナー研修を実施している筆者が送る日本の礼儀・作法に関するチャンネル。
一口に礼儀・作法といってもそこに隠されている、込められている日本の心、文化について発信していきます。

第3章 人生の節目の作法

1.結婚の作法

歴史からみる婚礼

時代によって結婚の形が変わってきています。奈良時代・平安時代は「婿入り婚」「通い婚」が主流でした。女性が、男性の申し出を受け入れ、婚姻関係が成立すると、男性が女性宅を訪れるという形です。

武家社会になると、反対に、女性が男性の家に入るという「嫁入り」が多くなります。室町時代には結婚の儀礼が確立し、一般庶民にも広がり、「嫁入り婚」が主流となり、現代までも続いています。

最近はほとんど「仲人」を立てませんが、かつては「仲人」を立てるのが一般的でした。「仲人」とは、男女の仲を取り持つ仲介者のことです。仲人は両家の身分や経済状態、職業などを考慮して男女の仲を取り持ち、縁談の全てを仕切ります。

最近は簡素化された「結納」も仲人が運びます。

「結納」とは婚姻に先だって、婿になる男性が女性の家に持参する酒肴(酒と料理のこと)を指します。「結いの物」とも言われます。

戦国時代からの武家社会になると両家の格式にふさわしい物品に変わっていきます。花嫁衣装や帯などを婿方が贈り、嫁方も贈られた額に応じた花嫁道具を用意しました。

また、婚姻とは片方の働き手が減ることになります。女性が男性の家に嫁ぐと女性の家の働き手が嫁ぎ先に移ります。そのことに対する、代償的な意味も含んでいたともいわれています。

現代では、神前、仏前、人前、キリスト式など日本ではあらゆる宗教でも、また宗教色を入れない結婚式が可能です。会場も、ホテル、レストラン、神社、お寺、教会など様々あります。

このように家の中で行わなくなったのは、明治以降のことです。それまでは嫁入りなら婿方の家で花嫁を迎え、両家が盃を交わし、親戚を紹介していました。

ジューンブライド・六月の花嫁は幸せになれると云われています。西欧では六月が結婚の季節となります。何故でしょうか?様々な説はありますが、良く知られているのが、ローマ神話で、女性と結婚の守護神ユノの祭典が六月に行われるという説です。

しかし、この説は後付けです。本当の理由は別にあります。

昔のヨーロッパでは家族は複数人で一つの寝具を使っていました。ゆえに男女が睦まじくするのは戸外です。四月になり、暖かくなってきた戸外で、結婚の意志を固めた男女は教会に申請します。四十日間の公示期間を経て認可されるのですが、早くて六月になるというわけです。

一方、日本においては、六月は梅雨もあり田植えの時期です。婚礼は収穫が終わってからの秋に良く行われていたようです。

厳かな神前結婚式の始まりは、明治時代に皇太子(後の大正天皇)殿下のご成婚にあやかって東京の大神宮で行われた式です。

神前結婚式で行われる「三三九度」は三度ずつ盃のやり取りを行い、絆を深め固く結ばれるという意味合いがあります。奇数の三は縁起の良い数字であり、それを三回繰り返すことで最高におめでたい数字九になります。

披露宴に招待されたら

披露宴への招待状を受け取ったら、返事を早めに出しましょう。出欠に関わらず、お祝いの言葉は添えるように。

招待されても、都合で出席できない場合は、電報やレタックスなどで祝う気持ちを届けると良いでしょう。最近のお祝いは、当日現金を祝儀袋に入れて持参します。会費制なら出席することがお祝いですので、改めての品物などは必要ないのです。

といっても、なかにはお祝いの品物も贈りたいという方もいらっしゃいます。物品は当日持参するのは控えるように。改めて、別の日にお渡しするか新居に送付なさるのが良いでしょう。

服装は、披露宴の格式にもよりますが、招待状に「平服で」という記載がなければ、男性は、白いネクタイにブラックスーツかダークスーツ。女性は昼の披露宴なら、アフタヌーンドレス。肌の露出を控えめなワンピースかエレガントスーツ。夜のパーティなら、イブニングドレス。胸元の開いた袖なしのロングドレスに手袋。華やかな装いが求められます。

白は花嫁の色といわれています。白一色は避けましょう。また、黒のドレスも多く見られますが、華やかさに欠けるのでお薦めできません。

着物は訪問着、付け下げ、色無地。小紋や紬はおしゃれ着になるので、ふさわしくないでしょう。未婚女性なら振り袖が、場も華やかになり喜ばれます。

招待状に、「平服」と記載されてあれば、格式にこだわらなくてもかまいません。ただし、だからといってハイキングのようなカジュアルな装いで良いということではないので、注意してください。

婚礼は人生の中でも大きな節目で、華やかな場です。招く側の人も、招かれる人も喜びと希望にあふれ、そしてより一層家族、友人たちとの絆を深める宴となるのが望ましい儀式です。

和・作法の彩り 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。