「歴史は真実の積み記」

大東亜戦争(第二次世界大戦)から、日本が奪われ続けてきたもの。
このチャンネルでは筆者が現代の日本人に警鐘を鳴らすため、歴史に埋もれている事柄から読み取ることのできる諸外国の動向、
現代の日本人に必要なものとはについて発信していきます。

日本の惨禍(38)―シベリア抑留(2)―

 前稿で、関東軍は逃げたと述べたが、それは当時の開拓民を中心とした一般人が蒙った厄災の数々に怒りを禁じ得ないからであり、その災難をもたらしたソ連(≒スターリン)ともう一方の関東軍に、その責を償うべきだと声を大にして叫びたいからに他ならない。 少し長くなり恐縮だが、以下にその顛末を述べさせて頂く。 「…好は、私に母の飯盒を洗いよく乾かすようにと言った。『それがお母様の骨壺よ。』時計が9時を鳴らすと、私たちは荷物を背負って火葬場へ向かった。到着するとすぐに羅南からずっと持ってきた箸で、私たちは丁寧に母の小さな遺骨を飯盒に入れた。…」(「竹林はるか遠く」より引用) 飯盒を母親の骨壺にしなくてはならな …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

「歴史は真実の積み記」 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。