「歴史は真実の積み記」

大東亜戦争(第二次世界大戦)から、日本が奪われ続けてきたもの。
このチャンネルでは筆者が現代の日本人に警鐘を鳴らすため、歴史に埋もれている事柄から読み取ることのできる諸外国の動向、
現代の日本人に必要なものとはについて発信していきます。

日本の惨禍(33)―真岡郵便局 「風雪の門」 ―

前稿の「ヤルタ会談」で詳しく見てきたように、ソ連(≒スターリン)が第二次世界大戦の終盤にどのような企てを腹蔵していたかは、歴史の中で紛れもなく一条の光を放っている。 ソ連(ソビエト社会主義共和国連邦)は、ウラジミール・レーニン率いるボリシェヴィキが、1917年に起こした十月革命を起源として勢力を拡大し、反ボリシェヴィキ(主として、白軍)を抑え込んで、1922年12月30日にロシア、ザカフカース、ウクライナ、ベラルーシを統合したソビエト連邦を成立させたもので、レーニンの死後はヨシフ・スターリン(Iosif Vissarionovich Stalin)がその筆名(「スターリン」:鋼鉄の人)の通り、 …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

「歴史は真実の積み記」 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。