「歴史は真実の積み記」

大東亜戦争(第二次世界大戦)から、日本が奪われ続けてきたもの。
このチャンネルでは筆者が現代の日本人に警鐘を鳴らすため、歴史に埋もれている事柄から読み取ることのできる諸外国の動向、
現代の日本人に必要なものとはについて発信していきます。

日本の惨禍(32)-ヤルタ会談(5)-

 日本とソ連は、「不可侵条約」を結んでいた。  ドイツの対ソ侵攻計画に対する予見から提案を受け入れたソ連邦が、昭和16年(1941年)4月13日に締結させていた。 1940年4月、ヒトラーが突然北欧作戦を始め、デンマーク・ノルウェーに侵入、5月にはオランダ・ベルギー・ルクセンブルク三国の中立を犯して北フランスに攻め入った。 フランス・イギリス連合軍は、マジノ線を突破され、ダンケルクの敗北を喫し、6月22日フランスは降伏、1940年10月からはイタリアのバルカン・エジプト侵入が敢行され、この年の末から1941年3月にかけて、ドイツはハンガリー・ルーマニア・ブルガリアを従属させ、4月にはユーゴスラ …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

「歴史は真実の積み記」 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。