「歴史は真実の積み記」

大東亜戦争(第二次世界大戦)から、日本が奪われ続けてきたもの。
このチャンネルでは筆者が現代の日本人に警鐘を鳴らすため、歴史に埋もれている事柄から読み取ることのできる諸外国の動向、
現代の日本人に必要なものとはについて発信していきます。

日本の惨禍(22)

―支那の抗日(8)― 通州事件②(1937年7月29日) 東京日日新聞が7月31日付け号外で、「惨たる通州叛乱の真相 鬼畜も及ばぬ残虐極まる暴行」との見出しで報じた暴戻の数々を、様々な立場の人々の証言で振り返ってみよう。 ・安藤利男記者(社団法人 同盟通信社)の証言 生存者であった同盟通信記者であった安藤は同年10月、「虐殺の巷通州を脱出して」を日本外交協会で発表し、『通州兵変の真相』(森田書房)を刊行した。 安藤は戦後の昭和30年にも、『文藝春秋』に「通州の日本人大虐殺」と題して回想を発表した。 「前日あたりにさう云ふ気配はなかつたかと云ふことをよく聞かれるのでありますが、吾々は、誠にお恥し …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

「歴史は真実の積み記」 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。