「祖国根元在国史令明」

大東亜戦争(第二次世界大戦)から、日本が奪われ続けてきたもの。
このチャンネルでは筆者が現代の日本人に警鐘を鳴らすため、歴史に埋もれている事柄から読み取ることのできる諸外国の動向、
現代の日本人に必要なものとはについて発信していきます。

日本の惨禍(13)

―共産主義(2)― (日本に関連する記述等) 1921年   1月 – ルクセンブルク共産党およびイタリア共産党結成「プロレタリア革命が諸君の国の扉を叩いているこの時にあたって開会中の貴党大会はプロレタリア革命の運命に とって測り知れぬ重要性を持っている。イタリア・プロレタリアートはついに、改良主義者と反改良主義者を掃除した共産党を創立する必要を十分に把握するにいたった。」(イタリア社会党の大会に対する共産主義インターナショナル執行委員会の書簡より抜粋:同年3月)  ※第二インターナショナル下で、マルクス主義の修正や改良主義・日和見主義が蔓延したことで、1914年8月の消滅を招き、第三インター …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

「祖国根元在国史令明」 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。