「祖国根元在国史令明」

大東亜戦争(第二次世界大戦)から、日本が奪われ続けてきたもの。
このチャンネルでは筆者が現代の日本人に警鐘を鳴らすため、歴史に埋もれている事柄から読み取ることのできる諸外国の動向、
現代の日本人に必要なものとはについて発信していきます。

日本の惨禍(10)

―漢口事件―  武漢三鎮(漢口・漢水・漢陽)とも呼ばれ、揚子江を挟んで中部支那の覇権中心地であり、国民党武漢派政府によって占拠され武昌と相対していたが、純商業地であった漢口とは裁然別観を呈していた。 在留邦人は、昭和元年(1926年)12月末現在で、男子1,272人、女子1,045人であり、合計2,317人を数えていた。 各国の租界は支那市街の東北に連なり、揚子江岸一帯の要所を占めていたが、日本租界(約50,000坪)は一番遅れて設置された為、英(約73,000坪)・露(約62,000坪)・仏(約34,000坪)・独(約126,000坪)の後となり、舊英租界からは最も離れており、商業区としてよ …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

「祖国根元在国史令明」 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。