「祖国根元在国史令明」

大東亜戦争(第二次世界大戦)から、日本が奪われ続けてきたもの。
このチャンネルでは筆者が現代の日本人に警鐘を鳴らすため、歴史に埋もれている事柄から読み取ることのできる諸外国の動向、
現代の日本人に必要なものとはについて発信していきます。

日本の惨禍(5)

―尼港事件(5)― 3月12日の午前1時30分、深夜厳寒のうちに諸隊は行動を起こした。その兵力は・陸軍守備隊     290(兵営内)・海軍無線電信隊   40(領事館内)・在郷軍人其他    70(各所)     合計 約 400 であった。 一方、敵(赤軍パルチザン)方の兵力は・過激派軍      600余・支那人隊      900・朝鮮人隊              500以上(市内各所)・其他市外   &n …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

「祖国根元在国史令明」 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。