「祖国根元在国史令明」

大東亜戦争(第二次世界大戦)から、日本が奪われ続けてきたもの。
このチャンネルでは筆者が現代の日本人に警鐘を鳴らすため、歴史に埋もれている事柄から読み取ることのできる諸外国の動向、
現代の日本人に必要なものとはについて発信していきます。

志士の履歴書(最終回)

―維新十傑(7)―  ・岩倉具視(公家 雅号:対岳 謹慎中法名は「友山」)  文政8年(1825年)10月26日公卿・堀河康親の次男として京都にて生誕、母は勧修寺経逸(公家)の娘・吉子。 幼名は周丸(かねまる)であったが、容姿や言動に公家らしさがなく異彩を放っていたため、公家の子女達の間では「岩亀(いわかめ)」「守宮(やもり)」の渾名がついた。 天保9年(1838年)8月8日、儒学者・伏原宣(のぶ)明(はる)の仲介により岩倉具慶(ともやす)の養子となり、具視の名を選定されたが、当初は「具瞻(ともみ)」とされたようだが、本人が「ありがたいことですが、書きにくいですな」と、けろりとして言ったとのエ …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

「祖国根元在国史令明」 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。