「祖国根元在国史令明」

大東亜戦争(第二次世界大戦)から、日本が奪われ続けてきたもの。
このチャンネルでは筆者が現代の日本人に警鐘を鳴らすため、歴史に埋もれている事柄から読み取ることのできる諸外国の動向、
現代の日本人に必要なものとはについて発信していきます。

維新前夜(10)

坂本龍馬史乗(3)  慶応3年(皇紀2527年)11月15日夜(午後8時頃)、京都河原町三条下ル(蛸薬師通)の醤油商・近江屋井口新助宅母屋二階で、龍馬(変名:才谷梅太郎)は中岡愼太郎(陸援隊々長 変名:横山勘蔵)、下僕の山田藤吉(元力士:雲井龍)と共に斬殺された。 この日の夕刻、龍馬からの書面を受け取った中岡は、縞の羽織に銘仙の着物、暑寒平の袴を着けて出掛けて行ったという。 会津藩吏に捕えられた者たちの引き取りについて話し合っていた処、「十津川郷士」を名乗る訪問者があり、藤吉が受け取った名札を持って二階に上がると、刺客はその後ろについてきて藤吉を斬り下げ、そのまゝ疾風の如く龍馬・中岡の居た座敷 …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

「祖国根元在国史令明」 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。