「祖国根元在国史令明」

大東亜戦争(第二次世界大戦)から、日本が奪われ続けてきたもの。
このチャンネルでは筆者が現代の日本人に警鐘を鳴らすため、歴史に埋もれている事柄から読み取ることのできる諸外国の動向、
現代の日本人に必要なものとはについて発信していきます。

維新前夜(8)

坂本龍馬史乗(1)  坂本龍馬は、天保6年(皇紀2496年)11月15日、土佐国高知城下(土佐郡上街本町一町目ー現・高知市上街一町目)の土佐藩郷士(下士:足軽)坂本家の次男として父・八平、母・幸の間に生まれた。 父・坂本八平(直足)は、婿養子として坂本家を継いだ人物で、実祖父の山本信固や、その弟・宮地信貞(宮地家を相続)は共に白札郷士であり、血統上は龍馬は上士ということになる。 坂本家は、明智光秀一門の子孫であるという説がある。 近江の坂本落城後に土佐に逃れ、長岡郡才谷村(高知県南国市才谷)に永住したが、四代目・八兵衛守之が高知城下に移り住み、「才谷屋」の屋号で始めた質屋が五代目・八郎兵衛正禎 …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

「祖国根元在国史令明」 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。