「祖国根元在国史令明」

大東亜戦争(第二次世界大戦)から、日本が奪われ続けてきたもの。
このチャンネルでは筆者が現代の日本人に警鐘を鳴らすため、歴史に埋もれている事柄から読み取ることのできる諸外国の動向、
現代の日本人に必要なものとはについて発信していきます。

生麦事件と英公館焼討

 『ヨーロッパの掃き溜め』と酷評された横浜の外国人社会で、『異人どもが行列に乱入致しましたので、供の者が成敗いたしております』と、駕籠の中の島津三郎(久光)に近習番であった松方助左衛門(正義)が報告を行ったのは、文久2年(皇紀2522年 西暦1862年)8月21日の午後2時過ぎのことであった。  教科書にも登場する「生麦事件」だが、前々稿でお伝えした「東禅寺事件」などの攘夷思想を根底にした外国人殺傷事件とは異なり、一見偶発的であるように見えるが、外国貿易で幕府のみが利益を得ていたことに対する不満も久光の根底にはあったと言われている。  前日の20日には神奈川奉行から、「明日、島津三郎の行列が、 …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

「祖国根元在国史令明」 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。