「祖国根元在国史令明」

大東亜戦争(第二次世界大戦)から、日本が奪われ続けてきたもの。
このチャンネルでは筆者が現代の日本人に警鐘を鳴らすため、歴史に埋もれている事柄から読み取ることのできる諸外国の動向、
現代の日本人に必要なものとはについて発信していきます。

幕末維新の騒乱

 幕末から明治の初期にかけて、未曽有の騒乱が生じていたことは様々な情報により広く知られているが、その背景や詳細を知る人は多くないのではないか?  歴史上の事件や事象をドラマの一場面として捉えるだけなら、深く掘り下げる必要もなく気軽に楽しめばいいだけだが、そうするだけは真相や前後関係を知ることはできず、真因を味わうことなどできないだろう。  「太平之ねむけをさます上喜撰(蒸気船) たった四はいて夜(よ)るもねられす」は、嘉永6年6月3日(皇紀2513年 1853年)に浦賀に押し寄せたペリー提督率いる黒船来航時の衝撃を風刺した狂歌だが、この時から我が国の歩みと価値観に不純物が混ざりだし、国柄と民族 …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

「祖国根元在国史令明」 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。