「祖国根元在国史令明」

大東亜戦争(第二次世界大戦)から、日本が奪われ続けてきたもの。
このチャンネルでは筆者が現代の日本人に警鐘を鳴らすため、歴史に埋もれている事柄から読み取ることのできる諸外国の動向、
現代の日本人に必要なものとはについて発信していきます。

中共の手順③ -The Chinese Method―

 玄関に施錠しないどころか、扉そのものまで閉じようとしないかのような危機管理体制と感覚しか持ち合わせていない日本政府だが、ようやく2月1日になって、「武漢ウイルス」を感染症法の指定感染症に指定した。 台湾が、「ヒトヒト感染」をWHOに報告(前年12月31日)してから、まるひと月が経過した後のことだ。 2月以降の時系列も、同様に振り返ってみたい。(抜粋に留めます) ・2/1  感染症法の指定感染症に指定・2/4  中国で、生物兵器専門家が武漢入り・2/5  小池都知事 二階幹事長の要請(防護服等中国支援)に呼応  都知事選を一か月後に控え、今をときめく意味不明な横文字の主が、「武漢ウイルス」のふ …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

「祖国根元在国史令明」 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。