「祖国根元在国史令明」

大東亜戦争(第二次世界大戦)から、日本が奪われ続けてきたもの。
このチャンネルでは筆者が現代の日本人に警鐘を鳴らすため、歴史に埋もれている事柄から読み取ることのできる諸外国の動向、
現代の日本人に必要なものとはについて発信していきます。

近衛文麿公の生涯に日本の闇を探る(その20)

能楽の演目に「千手」(せんじゅ:「千手の前」)というのがある。  平重衡の無念を描いたもので、文隆氏の悲憤とはその成り立ちも因果も異なるが、「〽…目もあてられぬ気色かな」に思いは重なる。  「縲絏(るいせつ)の責」「雁書」「槿花一日の栄」等々に共通する憂憤は申すまでもなく、「〽…四面に楚歌の聲の中 何とか返す舞の袖。思ひの色にや出でぬらん涙を添へて廻らすも。雪乃古枝の枯れてだに花咲く千手の袖ならば。重ねていざや返さん 忘れめや」との謡に、文隆氏の怨念さえ垣間見える。  さらに、重衡の妻・輔子が遺骸を引き取り高野山に葬って日野に墓を建てたことは、文隆氏の妻・正子がソ連まで乗り込んで遺骨を持ち帰り …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

「祖国根元在国史令明」 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。