「祖国根元在国史令明」

大東亜戦争(第二次世界大戦)から、日本が奪われ続けてきたもの。
このチャンネルでは筆者が現代の日本人に警鐘を鳴らすため、歴史に埋もれている事柄から読み取ることのできる諸外国の動向、
現代の日本人に必要なものとはについて発信していきます。

近衛文麿公の生涯に日本の闇を探るも(その19)

 剛強壮健な文隆氏が僅かひと月の間に死に至らなければいけなかった原因が特定できないのは、ソ連の策謀と杜撰な管理の所為で、残念ながら憶測の域は出ない。  抑留中の死者の数でさえ発表した国家機関にも確信が持てないどころか自ら改竄・捏造していたのだから、確かな証拠など望むべくもない。  それでも、文隆氏の名誉回復のために奔走したロシア人、V・A・アルハンゲリスキーの弾劾の労作「プリンス近衛殺人事件」などの数少ないノンフィクションに基づいて、慎重にそして丹念に振り返ってみたい。  文隆氏の体調に異変が現れたのは昭和31年で、それも日ソ交渉に目鼻が付き始めた頃から顕著になったとされているが、本人が「大痔 …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

「祖国根元在国史令明」 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。