「祖国根元在国史令明」

大東亜戦争(第二次世界大戦)から、日本が奪われ続けてきたもの。
このチャンネルでは筆者が現代の日本人に警鐘を鳴らすため、歴史に埋もれている事柄から読み取ることのできる諸外国の動向、
現代の日本人に必要なものとはについて発信していきます。

近衛文麿公の生涯に日本の闇を探る(その16)

(その15)で述べたように、「黙殺」が原爆投下の一因であったと主張するのであれば、昭和20年2月の重臣拝謁で近衛公が述べた「近衛上奏文」が軽視され、昭和天皇陛下が却下された史実こそが究明されるべきではないか? 天皇陛下の責任に言及しなければならないこの検証を避けて通りたいのは理解できても、祖国の進路と国民の生命を問う問題である。 大日本帝国憲法下では天皇の権限は制限されており、輔弼・輔翼の立場にあった者が責を負うべきであり、その意味では近衛公が中国問題・三国同盟・開戦直前の東条英機への禅譲等で罵声を浴びせられるのは止むを得ない面もある。 しかし、何度も述べてきた通り陛下の最もお傍で昭和15年6 …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

「祖国根元在国史令明」 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。