「祖国根元在国史令明」

大東亜戦争(第二次世界大戦)から、日本が奪われ続けてきたもの。
このチャンネルでは筆者が現代の日本人に警鐘を鳴らすため、歴史に埋もれている事柄から読み取ることのできる諸外国の動向、
現代の日本人に必要なものとはについて発信していきます。

近衛文麿公の生涯に日本の闇を探る(その12)

E・ハーバート・ノーマン(Edgerton Herbert Norman)は、明治42年9月1日に在日のカナダ人宣教師ダニエル・ノーマン(Daniel Norman)の子として長野県軽井沢町で生まれた。 敢えてこの人物に言及するのは、GHQに入り込んで日本の戦後を歪めた共産主義者であったばかりでなく、近衛公の生涯を大きく変えた木戸幸一・都留重人と並ぶ「三羽烏」と考えるからに他ならないらない。 もっと端的に申せば、近衛公を死に追いやった張本人であったからだ。 昭和8年(1933年)にケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで歴史学を学んだ後、ハーバード大学に入学して父親の知人であったエドウィン・O・ …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

「祖国根元在国史令明」 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。