「祖国根元在国史令明」

大東亜戦争(第二次世界大戦)から、日本が奪われ続けてきたもの。
このチャンネルでは筆者が現代の日本人に警鐘を鳴らすため、歴史に埋もれている事柄から読み取ることのできる諸外国の動向、
現代の日本人に必要なものとはについて発信していきます。

近衛文麿公の生涯に日本の闇を探る(その8)

昭和20年2月7日から始まった「天機奉伺」の「重臣の拝謁」は、14日に近衛公の出番となったが、開戦以来初めてゞ実に3年振りの単独拝謁であったが、この日に限って藤田侍従長に代わり木戸内大臣が侍立するという奇計が行われた。(他の6名はすべて藤田侍従長が侍立) 藤田侍従長が風邪を引いていたと木戸日記に記されている(時局に関スル「重臣奉答録」にも、『病気ノ為木戸内大臣侍立要旨ヲ手記ス』の記録あり)が、木戸が藤田侍従長と近衛公の面識が薄いことを理由に代役を申し出たという説もあり、後者の方が用心深く猜疑心が強かった木戸の行動としては納得できる。 案の定近衛上奏文が示され、自身の不明を詫びた上共産化の懸念と …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

「祖国根元在国史令明」 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。