「祖国根元在国史令明」

大東亜戦争(第二次世界大戦)から、日本が奪われ続けてきたもの。
このチャンネルでは筆者が現代の日本人に警鐘を鳴らすため、歴史に埋もれている事柄から読み取ることのできる諸外国の動向、
現代の日本人に必要なものとはについて発信していきます。

近衛文麿公の生涯に日本の闇を探る(その7)

昭和20年の初頭に進む前に、(その6)でも述べた「木戸幸一内大臣のやらなかったリスト」の一部を念の為に記します。 ・昭和18年3月 (30日)昭和天皇より厳しい戦局に関し、木戸の意見を訊かれたが、「一撃後講和」を奏上したのみに留める。 ・昭和18年4月以降 東条内閣の独裁的・秘密主義的なやり方に対する不満が木戸の下に届けられたが、一切無視を続けた。 ・また昭和18年10月には、近衛ら重臣が、戦況や内閣の方針について天皇陛下への言上を試みても、文字通り天皇の木戸番であった木戸内大臣が頑として阻止した。(「木戸は天皇の木戸番」) 更に昭和18年11月には、『木戸内大臣が事実を天皇に知らせないため、 …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

「祖国根元在国史令明」 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。