「祖国根元在国史令明」

大東亜戦争(第二次世界大戦)から、日本が奪われ続けてきたもの。
このチャンネルでは筆者が現代の日本人に警鐘を鳴らすため、歴史に埋もれている事柄から読み取ることのできる諸外国の動向、
現代の日本人に必要なものとはについて発信していきます。

近衛文麿公の生涯に日本の闇を探る(その1)

近衛文麿(明治24年10月12日~昭和20年12月16日)公は、第34代(昭和12年6月4日~昭和14年1月5日 在職:581日)・第38代(昭和15年7月22日~昭和16年7月18日 在職:362日)・第39代(昭和16年7月18日~昭和16年10月18日 在職:93日)と、3期(在職計:1035火)の内閣総理大臣の任命を受けたいわゆる五摂家(近衛・苦情・高塚・二条・一条)筆頭の公爵家に生まれ、後陽成天皇(第107代)の12世孫に当たる。 その血筋や風貌も含めた人心の期待が大きかったにも関わらず、(大東亜)戦前は「軟弱なゆるフン(褌)の近衛…」と評され、戦中は「和平主義者、敗戦主義者」、さら …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

「祖国根元在国史令明」 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。