「祖国根元在国史令明」

大東亜戦争(第二次世界大戦)から、日本が奪われ続けてきたもの。
このチャンネルでは筆者が現代の日本人に警鐘を鳴らすため、歴史に埋もれている事柄から読み取ることのできる諸外国の動向、
現代の日本人に必要なものとはについて発信していきます。

「絞首刑?」 “Death by hanging !” その②

誰も訴追されず、誰も責任を負わなかった新聞を主としたマスコミや、経済界、教育界に加え、総本山とも言うべき大本営参謀本部の幕僚たちが、これらプロパガンダの震源であり拡散を主導したことは、歴史上明白です。 そして、「皇国日本」への思い込みが、「脱亜入欧」「アジアの盟主」を経て、日本がその指導者たるべき「五族協和」「大東亜共栄圏」へと膨らみ、全世界が天皇によって支配されるべきとの「八紘一宇」思想へと展開させてしまった。 日本から言えば、世界の平和を標榜した至高のスローガンなのですが、他国からもそのように捉えられていたのかは疑問でした。 昭和18年11月に開催された大東亜会議は、開催国日本の思惑通りに …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

「祖国根元在国史令明」 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。