「祖国根元在国史令明」

大東亜戦争(第二次世界大戦)から、日本が奪われ続けてきたもの。
このチャンネルでは筆者が現代の日本人に警鐘を鳴らすため、歴史に埋もれている事柄から読み取ることのできる諸外国の動向、
現代の日本人に必要なものとはについて発信していきます。

疎開 その3

 そして、1941年8月ニューファンドランド沖での大西洋会談では、『たとえアメリカが攻撃されない場合でも、極東においてアメリカは参戦すると約束してくれた』(1942年1月27日チャーチル談)とイギリスの権益を守り、日本に襲いかかる決断は済まされていたのです。  ハミルトン・フィッシュ氏(非干渉主義を貫いた、共和党の重鎮)によれば、『FDRは議会と国民の意思を無視し、非アメリカ的・非民主的で合衆国の憲法の精神に背くものであった』と厳しく批判し、「屈辱の日」演説は『戦争を始めたかったFDR政権の陰謀である』とまで断じています。  大東亜戦争のことを、『日本が仕掛けた無謀な戦争』と表現する人がいます …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

「祖国根元在国史令明」 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。