「祖国根元在国史令明」

大東亜戦争(第二次世界大戦)から、日本が奪われ続けてきたもの。
このチャンネルでは筆者が現代の日本人に警鐘を鳴らすため、歴史に埋もれている事柄から読み取ることのできる諸外国の動向、
現代の日本人に必要なものとはについて発信していきます。

疎開 その2

 アメリカ合衆国の第32代大統領フランクリン・デラノ・ルーズベルト(以下FDRと略す)は、1933年から1945年(昭和20年)4月(12日に死亡)までの12年間四期を、大統領として過ごしましたが、有名な1941年12月8日(現地時間)の「屈辱の日」演説は、待ち焦がれた日本民族粛清の開始宣言であったとする評価は、今や少数ではありません。そして、その執念の一端は一期目の就任式(3月)すら終えていない時にでさえ、早々と見出すことができるのです。  1933年1月、スティムソン・ドクトリンを大統領として支持する表明を行ったことに対し、R・モーレイとR・タグウェルがFDRを訪ねスティムソン外交の好戦性 …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

「祖国根元在国史令明」 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。