「祖国根元在国史令明」

大東亜戦争(第二次世界大戦)から、日本が奪われ続けてきたもの。
このチャンネルでは筆者が現代の日本人に警鐘を鳴らすため、歴史に埋もれている事柄から読み取ることのできる諸外国の動向、
現代の日本人に必要なものとはについて発信していきます。

疎開

 もう死語となってしまった、「疎開」…。  昭和19年8月4日より始まったとされる我が国の集団での「学童疎開」は、云うまでもなく連合国軍(とりわけ米軍)の日本本土への空襲から吾が身を護るための避難でした。「疎開」や「空襲」は映画などに頻繁に出てくる聞き慣れた言葉ですが、これ迄は特に違和感もなく深く考えたこともありませんでした。年頭に74年前の昭和20年を学び直してみようと思いついたのが切っ掛けとなり、素通りしてきた「疎開」にスポットをあてゝ、歴史の中での成り立ちを掘り返してみたい。  「疎開」は日本だけに限られたものではなく、イギリス、フィンランド、スウェーデンなどでも記録が残されていますが、 …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

「祖国根元在国史令明」 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。