神話でわかる日本の心

神話は、我々の祖先の物語。そこには、日本人が大切にしてきたものが語られています。神話から、日本人を知ることは、ひいては自分を知ることに繋がります。
神社参拝を契機に祀られている神々が活躍する神話に興味を持ち始め、2012年に神話を伝える活動を始めた筆者が送る神話から読み解くことのできる日本人のDNA、守っていくべきものとは…。

神話の時代もウィルスを乗り越えてきた!

新型コロナウィルスの感染が世界中に拡がるなかで、日本でも7都府県で、4月7日から緊急事態宣言が出されました。これまでに経験したことがないことが、今、私達の周りで起こっています。ウィルスと人間との関りは、太古の昔からだと言 …

新型コロナウィルスの感染が世界中に拡がるなかで、日本でも7都府県で、4月7日から緊急事態宣言が出されました。
これまでに経験したことがないことが、今、私達の周りで起こっています。ウィルスと人間との関りは、太古の昔からだと言われています。それは、日本でも同じ。
神話の時代にもウィルス(日本では疫病と言われてきました)を乗り越えてきました。そんなお話が、古事記の中に書かれています。

第10代崇神天皇の時代に疫病が大流行して、人民の多くが亡くなりました。悲しみ嘆く崇神天皇の夢枕に現れたのがオオモノヌシでした。
オオモノヌシは、崇神天皇にこう告げました。「自分の魂を鎮めることをしなさい。鎮めるためには、自分の子孫であるオオタタネコをもって祀らせるのです。」
崇神天皇は、早速、四方八方に使者を派遣して、オオタタネコを探させます。すると大阪の河内でオオタタネコらしき人物を見つけました。
崇神天皇は、彼を連れてきて尋ねます。「あなたは、誰の子か?」「オオモノヌシとイクタマヨリヒメの間に生まれた子のひ孫です。」オオタタネコは、答えました。
崇神天皇は、大いに喜んでオオタタネコにオオモノヌシを三輪山に祀せました。そうすると、疫病も流行も止み、ようやく天下が治まったそうです。

このオオタタネコが、オオモノヌシの子孫であることを知ったのは、次のようなエピソードからでした。
自分の4代前のご先祖様であるイクタマヨリビメのところに毎晩、訪ねてくる若者がいたそうです。その若者は、凛々しく容姿端麗で、二人は愛し合い、結ばれます。
ある時イクタマヨリビメは、両親に子供が出来たことを伝えます。両親が、誰との間の子供かと聞くと、イクタマヨリビメは、毎晩、訪ねてくる男性との間の子だと告げます。
その男が誰なのかを知るために、両親は娘に、朝に男が帰る際に、男の着物に赤い糸を結んでいくように命じます。
そして、次の朝、男が帰ったあとに、残っている赤い糸を辿って行きます。するとその赤い糸は、三輪山の神様の社の前迄、続いていたのです。
両親は、その男が、三輪山の神様、オオモノヌシであることを知りました。そして、生まれてくる子供が神様の子であることを知ったのでした。
三輪山の神様オオモノヌシをオオタタネコの子孫が代々祀ることで、疫病から人民を守ってきたのです。

日本でも神話の時代から、神様と共にウィルスを乗り越えてきたのです。
新型コロナウィルスの感染が拡がる状況の中で、不要不急の外出を避け、手洗い、うがいを行い、さらに、神様と共に早く終息に向かうように祈りを捧げたいと思います。

神話でわかる日本の心 過去記事一覧

神話は、我々の祖先の物語。そこには、日本人が大切にしてきたものが語られています。神話から、日本人を知ることは、ひいては自分を知ることに繋がります。
神社参拝を契機に祀られている神々が活躍する神話に興味を持ち始め、2012年に神話を伝える活動を始めた筆者が送る神話から読み解くことのできる日本人のDNA、守っていくべきものとは…。

テキストのコピーはできません。