奇跡のセオリーと人生哲学

世界の活動で得た人生哲学と奇跡のセオリー「古朝鮮から現代へ」その2 

―近くて遠い国、韓国、北朝鮮を訪ねて― トランプ大統領と金正恩委員長が会談した38度線の様子は、世界に大々的に報道されました。同じ民族の国が北と南に分断され、大地は人間が決めた軍事境界線で区切られているのです。 しかし、あの日、トランプ大統領の招きで、金正恩書記長が軽々と超えた38度線は、私たちに何を見せてくれたのでしょうか。 私が訪れた38度線、韓国の板門店は、大変な緊張感に満ちていました。 両国が会談するために設けられた青い屋根の家の内外に銃を携帯した直立不動の兵士が微動だにせず立っています。もし少しでも不審な動きが見られれば即座に射殺されてもおかしくないような状況です。しかし後日訪れた北 …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

奇跡のセオリーと人生哲学 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。