奇跡のセオリーと人生哲学

世界の活動で得た人生哲学と奇跡のセオリー14「古代史に感じること」

―モーゼのシナイ山― モーゼが十戒を授かったと言われるエジプトのシナイ山に登ったことは、私にとって忘れられない体験です。ちなみに真偽はわかりませんが、日本の石川県にモーゼの墓が伝えられています。 イエス・キリストからさらに逆のぼり、紀元前13世紀から16世紀頃、旧約聖書の出エジプト記には、エジプト王の子として育ったモーゼ(ヘブライ人)が、神の啓示を受けて多くのヘブライ人を連れエジプトを脱出したと記載されています。 シナイ山はエジプトのシナイ半島南部聖カトリーナにあります。モーゼが神から、人間が犯してはならない十の戒めを光で石版に刻んだ「十戒」を授かった場所と言い伝えられ、それは、ユダヤ教、キリ …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

奇跡のセオリーと人生哲学 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。