奇跡のセオリーと人生哲学

世界の活動で得た人生哲学と奇跡のセオリー 12「感性を磨く」

―旅の学び― 私は30代で人生の師に出会い、世界を見るということをさせていただきました。それからは目的意識のない旅はしないようになったのです。 30代働いたお金と休みの時間は全て、師との学びの度に費やしました。それは自分の成長を強く願っていた私にとって、スポンジが水を吸いこむようなもので、私の中に最も得難い財産として息づいています 今では世界遺産となったような多くの歴史ある地、祭り、古代から近代までの足跡を訪ねました。 また行く先々で、師からのメーセージ、言葉を受け取り本当に贅沢な旅でした。 旅というのは非日常で物事を感じ、考える時間を与えてくれます。 変化に乏しい日常では感動を味わう機会は稀 …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

奇跡のセオリーと人生哲学 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。