奇跡のセオリーと人生哲学

世界の活動で得た人生哲学と奇跡のセオリー(7)目覚める生まれ出るということ

私たちは母親の子宮で10月10日を過ごし、陣痛の送り出しによってこの世に生まれてくるわけですが、もし、産み月を過ぎても子宮にとどまっていれば、当然ながら母子共に命の危機に瀕します。 命の摂理には、生まれ出る期限があります。 この世に生まれ出た後は、私たちは、様々な事象に出会い、ある時は苦しみ、傷つきながら成長していきます。それらの痛みが、まさに、気づき、目覚めという第二の誕生のための陣痛です。 お釈迦様が人間である限り避けられない苦しみと教えたのが「四苦八苦」です。四の苦は、生老病死、生きる,老いる、病、死ぬ苦しみ、これは自然の摂理で、避けることはできません。あとは、生きることで生まれる感情の …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

奇跡のセオリーと人生哲学 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。