モンゴルの風

土地②

次に国土、領土として土地を考えてみる。 日本は四方を海に囲まれた領土であるから、どちらかと言えば外国人の領土に対する意識に比べて日本人の領土意識は低いと思われる。領土とは、1960年代にプロテスタントの反乱を契機に勃発した三十年戦争の終結の際に締結された多国間条約であるウェストファリア条約において、国家は「領土(国土)、国民、他から侵されることのない主権」からなることと規定されたように、国家の根幹をなすものである。にも関わらず、日本においては外国人が膨大な日本の国土を買っているにも関わらず、政府はその調査すら実施していないし、北海道の土地を中国人が買い漁っているという噂があり、事実不動産業者の …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

モンゴルの風 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。