モンゴルの風

土地

 日本人にとって土地とはどのようなものであろうか。バブル景気の際には土地神話に国民は踊りそして酔い、値が上がり続けるものと信じて人々は土地を買っていった。安売りバーゲンセールの衣料品や食品という消費財に人々が群がるのは理解できるが、値段が上がり続けるであろうと信じて人々が土地に群がるという現象は、土地というものが資産であるという意識を日本人が持っているからであろう。現にバブル景気がはじけ飛んで土地の価格が下がるにつれ、人々は安いものに飛びつくのではなく、反対に売れ残るという現象が生じた。  宅地というものを考えた時、かつては庭付き一戸建てというものが価値あるものであり、それに見合う土地を日本人 …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

モンゴルの風 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。