モンゴルの風

遊牧民・農耕民②

前回(遊牧民・農耕民)から 一方、農耕民の日本人の場合はどうであろうか?著書名も著者も忘れてしまったのだが、その著書には農耕民の特徴が見事に記述されており、大いに納得させられた記憶がある。農耕民といえども小麦文化の地域と米文化の地域では、その特徴が違うというものであった。  小麦は一度種を蒔けば、そんなに世話をかけなくて収穫を迎えることができるらしい。一方、米は苗代を作り水を田に満たし田植えから稲刈りの時期まで手間をかけて育てていかなくてはならない。この水を利用しなければならないということが、実に大変なことだという。なぜなら、水は上から下に流れていくからだ。田植えをするにも、上の田の農民が水を …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

モンゴルの風 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。