モンゴルの風

「相異・相似」-蒼き狼-

オオカミ② 私たち人間は動物種としてはホモ・サピエンス・サピエンスと称される1 属1種の存在で、かつては他にも多くいた人類のうちから現生人類としてただ一つ生き抜き、動物種の中で現在最も繁栄している存在である。現生人類の祖先はミトコンドリア DNAの分析から約320万年前にエチオピアに暮らしていたルーシー(ミトコンドリア イヴ)という女性を起源していることは今日明確である。そして13 万年前ごろに、現生人類はアフリカの地からユーラシアにはじめて移動拡大した。 そのユーラシアの地には約40 万年前からネアンデルタール人(ホモ・サピエンス・ネアンデルターレンシス)と呼ばれる人類が生息していた。しばら …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

モンゴルの風 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。