モンゴルの風

蒙 その1

『蒙』という字の読みは「こうむる」であり、意味には、おおう、かぶさるという意味と道理にくらい、無知、などの意味が辞書にある。中国はモンゴルのことを蒙古と呼び、「古臭くて、道理の通じない馬鹿ものである」とした。 『蒙』の漢字を使う熟語としては蒙古以外に「蒙昧」や「啓蒙」が頻度は高くないが使われる熟語だと思う。この二つの熟語の『蒙』はどちらも道理にくらいという意味であり、「蒙昧」の意味は知識が不十分で道理にくらいことであり、「啓蒙」は人々に正しい知識を与え、合理的は考え方をするように導くこと、とある。 啓蒙とは蒙を啓(ひら)く事、つまり道理にくらい者が道理をわきまえるようにすることらしい。 カント …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

モンゴルの風 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。