モンゴルの風

漢字文明圏(続き)

中国人が日本語を話すのには特徴がある。よくモノマネにも使われるからご存知の方も多いだろうが、例えば中国人は「ワタシ ノ オトサン(お父さん)、ケツアツ(血圧) チョト(ちょっと) タカイヨ」という。イントネーションやアクセントにも特徴のある日本語を中国人は話す。 しかし、私の知る限りであるが多くのモンゴル人は、同じことを「ワタシのオトーサンはケツアツがチョット、タカイです」とほぼ日本人と同じようなアクセントと抑揚で日本語を話す。白鵬などの相撲取りのインタビューを聞いていても、日本人と同じように上手に日本語を話しているモンゴル人の姿を目にされている方も多いだろう。関西にいるモンゴル人なら、発音に …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

モンゴルの風 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。