モンゴルの風

家族(続き)

農耕民が農地(田や畑)を分割し相続させることは、農耕民にとっては、それぞれが生存していくことに不利となり、いずれ行き詰まってしまう。つまり、農地とは相続していく上では分割不可能な財産である。長子男子が夫婦となれば親と同居し、またその間の子達の3世帯が同居することで生産性が上がり、それは長子以外の兄弟姉妹を含む家族にとっても生存に有利となる。子は宝であった。長子男子以外の兄弟姉妹に対する相続の不平等に対して、イエ制度という家族システムが整備され有効に機能していった。 遊牧民の場合はゲルというテントで近接した範囲に親族が家畜という財産を維持拡大して営む生活である。家畜という財産は分割可能な財産であ …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

モンゴルの風 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。