マーケットの魔術師

毎年様々な話題に事欠かない経済ニュース。例えば、世界経済に大きな衝撃を与えたリーマンショックは10年も前の話だが、今もなお、その記憶は生々しく残る。いつどうなるか分からない経済状況を踏まえ、我々は自分の資産をどう守れば良いのか?シリーズ「マーケットの魔術師」では、世界の政治・経済情勢に精通した筆者による、実践的な資産防衛術を紹介する。

世界の食料問題解決について

本日はもう一つ、世界の食料問題についてもお話をしたいと思います。 最近話題になっており、これからもっと注目されるでしょう。 2050年、世界の人口が100億人を超え、食べるものが足りなくなってしまうのではないかと危惧されております。 中でもお肉を食べる人がたくさん増えており、2005年の時点で2.6億トン消費されており、2050年になると1.8倍のおよそ4.6億トンが消費されると予測されています。 またお肉を育てるための飼料も需要が増え、30億トンが必要になるだろうと言われています。 生活が豊かになり、普段の生活の中でお肉を食べるようになりましたが、一方でフードロスの問題が出てきております。 …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

マーケットの魔術師 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。