マーケットの魔術師

毎年様々な話題に事欠かない経済ニュース。例えば、世界経済に大きな衝撃を与えたリーマンショックは10年も前の話だが、今もなお、その記憶は生々しく残る。いつどうなるか分からない経済状況を踏まえ、我々は自分の資産をどう守れば良いのか?シリーズ「マーケットの魔術師」では、世界の政治・経済情勢に精通した筆者による、実践的な資産防衛術を紹介する。

原油価格と石油元売り会社の動向について

以前、コロナショックとそれに伴うロックダウンによる需要減で、原油価格が暴落したことについて書きました。 減産が合意されるかどうか、米国の動向はどうか、ということがその時に注目されていたのですが、その後、OPECプラスが協調減産に入り、米国も生産縮小を余儀なくされたことから、5月には前月比約12%減に相当する日量1200万バレルもの減産をし、9年ぶりの水準まで生産量が減少したのです。 その背景には、OPECプラスや米国の他の産油国…例えば、カナダやノルウェーなどでも大幅かつ速いペースでの減産をせざるを得なくなるほど、原油価格が暴落したことがありました。 6月6日にはOPECプラスが原油安を回避す …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

マーケットの魔術師 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。