マーケットの魔術師

毎年様々な話題に事欠かない経済ニュース。例えば、世界経済に大きな衝撃を与えたリーマンショックは10年も前の話だが、今もなお、その記憶は生々しく残る。いつどうなるか分からない経済状況を踏まえ、我々は自分の資産をどう守れば良いのか?シリーズ「マーケットの魔術師」では、世界の政治・経済情勢に精通した筆者による、実践的な資産防衛術を紹介する。

決算発表とコロナショック

去る5月14日に緊急事態宣言が39の県で解除されました。 感染者数の多い東京都をはじめとする首都圏と、島根県、大分県はそのまま緊急事態宣言が継続されていますが、私の住む京都府では休業要請こそ継続されるものの、緊急事態宣言は解除されます。 今回のコロナショックは、私たちの生活に大きな影響を与えたのはもちろんですが、企業の経済活動にも影を落としています。 今回のコロナショックの影響は世界恐慌と同等あるいはそれ以上のため、倒産する企業も出てくる、上場企業にもその可能性はある、ということが、この問題が発生した直後から言われていましたが、今日15日に、とうとう東証一部上場企業であるレナウン(3606)が …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

マーケットの魔術師 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。