マーケットの魔術師

毎年様々な話題に事欠かない経済ニュース。例えば、世界経済に大きな衝撃を与えたリーマンショックは10年も前の話だが、今もなお、その記憶は生々しく残る。いつどうなるか分からない経済状況を踏まえ、我々は自分の資産をどう守れば良いのか?シリーズ「マーケットの魔術師」では、世界の政治・経済情勢に精通した筆者による、実践的な資産防衛術を紹介する。

原油価格の下落を狙った空売り

新型肺炎の感染拡大により、株式市場ではNYダウや日経平均株価が大幅下落しています。 また、為替市場でも急激に円高が進行する一方で、債券価格は上昇するなど、リスク回避の動きが活発化しています。 中国で発生した新型肺炎の影響は収束の兆しを見せず、世界経済の減速が深刻化するのではないかとの懸念は広がる一方です。 新型肺炎の感染拡大が収束の兆しを見せるまでは、株価は軟調に推移するでしょう。 また、本格的な治療薬が開発されるまでは、新型肺炎の感染拡大と各国の動向が市場の材料となりそうです。 そんな中、投資家は何に注目して株式投資に臨めば良いのでしょうか。 原油価格の下落から、空売りを選択 株式投資といえ …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

マーケットの魔術師 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。