マーケットの魔術師

毎年様々な話題に事欠かない経済ニュース。例えば、世界経済に大きな衝撃を与えたリーマンショックは10年も前の話だが、今もなお、その記憶は生々しく残る。いつどうなるか分からない経済状況を踏まえ、我々は自分の資産をどう守れば良いのか?シリーズ「マーケットの魔術師」では、世界の政治・経済情勢に精通した筆者による、実践的な資産防衛術を紹介する。

次なるテーマ株を探せ!~親子上場解消、TOBについて(その3)~

前回、前々回と親子上場解消に関する問題点と実例を解説しました。 今回は、親子上場をめぐる企業の動向と、上場子会社株について解説します。 今後さらに進む親子上場の解消 前回までの2回にわたり、親子上場に関する問題点を取り上げました。 これまで書いたとおり、現在、親子上場を巡っては、コーポレートガバナンス上の問題と政策的な後押しもあり、解消する動きが活発化しています。 経済産業省の「グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針」や東証の市場改革、そして、コーポレート・ガバナンス・コードの改定などで取り上げられる可能性が高く、今後も株式市場の重要テーマとして注目されることが考えられます。 何しろ、 …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

マーケットの魔術師 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。