マーケットの魔術師

毎年様々な話題に事欠かない経済ニュース。例えば、世界経済に大きな衝撃を与えたリーマンショックは10年も前の話だが、今もなお、その記憶は生々しく残る。いつどうなるか分からない経済状況を踏まえ、我々は自分の資産をどう守れば良いのか?シリーズ「マーケットの魔術師」では、世界の政治・経済情勢に精通した筆者による、実践的な資産防衛術を紹介する。

2020年の株式市場展望

2019年は残すところ1か月を切りました。今年は、年号も令和に替り、心機一転明るい経済の見通しを語りたいところでしたが、米中貿易戦争の影響で企業業績はさえませんでした。それでも、株式マーケットはニューヨークダウが最高値を更新するなど各国の株式市場は、金融相場で年の後半、11月までは活況を呈した相場となりました。 しかしながら、2020年の景気展望は全体としては明るいものではないと思います。先ほども申しましたが、現状、世界の経済指標が景気悪化の傾向が続いているにも関わらず、ニューヨークも日本も株価が上がり続ける異常な状態が続いています。これは、更なる金融緩和期待での金融相場であり、業績が伴ってい …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

マーケットの魔術師 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。