海洋国家日本のこれから

「忘れられた植民地」青島にみる海洋国家日本のこれから 3

青島はドイツが進出するまでは一寒村に過ぎなかった。外国勢力との接点を得て片田舎から一躍有名な港町に発展したという点では、我が国の神戸、横浜、そして香港、上海と共通している。他の欧州列強に比べて植民地帝国の建設が遅れていたドイツでは、鉄血宰相ビスマルクを辞職させ親政を開始したヴィルヘルム二世が帝国主義的傾向を強め、世界政策を展開。その一環として中国への関心も高まりをみせ、日清戦争直後の三国干渉にはロシアの誘いを受けてフランスとともに参加。山東省でのドイツ人宣教師殺害事件を契機として膠州湾を清国から九十九年間租借した。 膠州湾は湾口は狭いが湾内に広がりがあって軍港としての条件を備えていたことから、 …

この続きは、ロンダンを定期購読頂くことで閲覧が可能です。

価格:月額1100円(税込)

ログインして閲覧する

海洋国家日本のこれから 
過去記事一覧

テキストのコピーはできません。